Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
03/19
捨てられないもの 教科書から見る13歳の私
未だに捨てられないものって結構ある。

教科書もそのうちの一つだったりする。
中学校や高校の時の教科書をたまに開いてみては
「なつかしい・・・」と思い出に浸ったりするものだ。

先日、机の引き出しの奥の方から中学の時の国語の教科書が出てきた。
国語である
懐かしい。1年か2年の時の教科書であろう。

早速中をぺらぺらめくってみる。
懐かしいものが沢山でてくる。あーこの話、やったなぁ。覚えてるなぁ。
ああ、これ意味がわかんなかったんだよなぁ。
ここら辺は真っ白だから授業聞いてなかったのかなぁ?
あ、北の国からもそういえばあったんだっけ。
おー!!これはこれは!!
邦衛も純もこんなに若い。
くにえ じゅん
わ、若い・・・・

更に色々見ていくと、それなりに勉強しているようで
読めない漢字には振り仮名を振っている。
今でも漢字は苦手だけど、今なら読める漢字もいっぱい。
そうか、当時は読めなかったんだろうなぁと思いながら見ていくと
恋する七分咲き
「七分咲き」が読めないらしい。
いや、それはいい。問題はなぜ しちぶ なのだ。
なぜ私は七分に恋してるのだ。
何があったんだ13歳(多分)の私。カムバック13歳の私。教えてくれ13歳の私。
このハートの意味を教えてくれ。

13歳の私の行動に苦悩していると、更に妙なものを見つける。
寝ればいいじゃん
そうか「繊細」が読めないか。
いや、それはいい。問題は 眠いなら書かずに寝れば?
ご丁寧に消せないボールペン(蛍光緑)で書くな。
しかも「ねむい」を「ねぬい」と間違えて書いてしまったほど眠いと見たよ13歳の私。
必死に眠らないように文字でも書いていたのであろうか。
いや、だったらもう寝ていただきたい。

更に見ていくと
吹き出しつけちゃった
授業がつまらなかったのか、吹き出しをつけて何か別の話を作ってしまったらしい。
「やってらんねー」と女性が言っている。
当時から口が悪いことが伺える。

更に見ていくと国語に限らず定番のアレがあった。
そう、肖像画への落書きである。
ガイジンサーン
できが悪かったのか、罪悪感があったのか、消したあとがある。
おそらくメガネと髪の毛を足していた模様。

その無表情が怖い
この方は影がついて、ますます表情が怖いことになっている。

ひでぇ落書きだ
これは酷い。もとの顔がわからないじゃないか。

耳でかいだろ
更に酷い。ああ、酷すぎる。
これを見てがっくり来てしまった。

なぜなら
今でもきっと同じようないたずら書きをする
と思ったからだ。
「七分咲き」も「繊細」も読めるようになったけど
私は根本的なところで、なにも成長していないようです。

いや成長してないんじゃない、童心を忘れていない純粋な大人になったのだね。
そういうことにしておこう。

しておかせてください・・・・。○| ̄|_
スポンサーサイト
2006
03/16
ホワイトデー
2/14のバレンタインデーに、会社の仲のいい人何名かにチョコレートをあげた。
こういうのは気持ちだからね。
いつもどうもありがとう、これからもよろしくね、的な感じで。

もちろんお返しをものすごく期待して。

で、3/14。あげた人はちゃーんと律儀にお返しをくれた。
ちょっと前までのホワイトデーの贈り物って、飴かマシュマロだと思ってたけど、最近は全然違う。
そんな時代は終わったのだろうか。
飴もマシュマロも一人も居なくて、チョコレートだったりクッキーだったり、洋菓子の詰め合わせみたいなものだったり。
お菓子業界の策略に見事に乗せられているような気はするけど
まぁそれでもいいじゃない、おいしいお菓子が食べられるんだから。

で、今回頂いた中で私の心をもっとも「グッ!」と掴んだ贈り物はこれです!
ホワイトデー

ナーイスセレクツッ!!

小さい頃、こういうお菓子パックにあこがれたのなんのって。
「お母さんコレ買ってー」って言っても
「そんなに沢山買ってどうするの!」
「お菓子ばっかり食べちゃだめでしょ!」
「不健康!!」

とばっさり斬られ、一度も買ってもらえなかった憧れのお菓子パック。
そういやこういうのって自分で買うこともない。
唯一もらえたのは、習いごとなどのクリスマス会ぐらいだった。
それでも親に取り上げられて、「これだけ食べてなさい!!」
って小さなお菓子だけ渡されて、しょんぼりしてたものんだ。

でもそれは幼少の頃の話!
アタシはもう大人!

好きなだけ食べろ!!と言わんばかりのレインボーパックですよ。

ヒャッホーイ!って気分なんですね。

大人になってゴディバのチョコレートよりコレの方が嬉しかった自分に
「なんでこんなのにすごい喜んでんのアタシ・・・」と思いながら、今から「どれから食べようかしら。何日間かけて食べようかしら。これおいしいのかしら。あー今すぐ全部食べちゃいたい!!でもガマーン!」とワクワクしている自分が
 
 

なんだかとっても切ないです。
2006
03/08
のんびり小町~玉子湯~
一年に一度の贅沢を。
JR「のんびり小町」のプランを使って
グリーン車で行って、ちょっといい宿に泊まって、温泉三昧。

今年は福島・高湯温泉の「旅館 玉子湯」
年休使って3月3日に行ってきました。

「雪見露天風呂がしたい!!!」
とにかくこの野望だけだった。

当日は晴れていたものの、前日かなり雨が降ったので
「雪が溶けていたらどうしよう・・・」
そんな不安もあったのですが、旅館についてあらびっくり。

玉子湯

吹雪いてました。


「足湯とかでまったりしたいよね!!」
足湯

どこに座ってまったりと?

あまりの雪っぷりにテンションが上がりっぱなしだった。
ゲラゲラ笑いながら露天を下見した。

3月に入って降るのは珍しいとこのこと。
さっそく入ろうよ!ってことで昼から温泉。
おかげで念願の「雪が降ってる中で露天風呂」を体験でした。

サイコーに気持ちよくて、サイコーにいい眺めだった。

夜は外に出て星を眺めた。
空気が冷たかった。ちょっと寒かった。

でもサイコーに綺麗だった。

澄んだ空気に、街灯がなくなった夜空を見上げる。
多分、満天の星空ってこういうのだろう。

一瞬、星が降ってくるんじゃないかと、恐ろしくなったほど
夜空に無数に広がる星は、ただただ綺麗で幻想的で。


 
 
 
ああ、綺麗・・・・・ 
 
 
 
 
あの星って一万光年離れてるとしたら、一万年前の光なんだよね?
光の速さで一万年?
それってどれくらい?
うーん、わかんない。すっごく離れてる。
もう想像もつかないぐらいだよね。
すごいねぇ。

すごいねぇ。

すごいよねぇ。


と、カポーみたいな会話してました。

でも本当に綺麗だった。感動した。


いやいや、玉子湯、いい旅館だった。
露天風呂、最高だった。結局足湯も含めて6個の温泉に入ってきた。


温泉はね、仲のいい同性の友達とで行くべき。コレ絶対。
湯船までの道のりを「寒い寒いっ!」って爪先立ちしながら小走りしてさ
お湯の中でボ~っとして「ああ幸せ」って言葉だけだったり
そこらへんにある雪を投げあったり、尽きることなく話をするんだ。
楽しいよー。

ちょっとアクシデントもあったけど、とってもとっても楽しかった。


また来年、雪見露天風呂しようね。
来年はね、また一つ条件を増やしてみようと思うんだ。
雪見露天風呂 + 満天の星空

どうかな?

つらら

2006
03/01
2月29日 うるう年
今年もないけど


どうやら26歳になったようです。
私の誕生日はうるう年。
英語だとleap year。


4年に一度の誕生日。
今年でようやく折り返し。
あと2年待たないと。

なかなか、なかなかやってこない。


今年もないので

偽造してみました。
もちろん2006年のカレンダーです。

カレンダー


ん~いい出来。


24から25はすごくショックだったけど、26はそうでもないかも。

去年も今年も来年も、きっと変わらないけど、26歳の私もよろしくね。


たくさん、たくさん、ありがとう。

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。