Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
02/16
のんびり小町~新潟・長生館
2月2日
毎年恒例になった、のんびり小町を使って温泉に行ってきました。

今回はここ、新潟・杉村温泉の「長生館」
長生館

到着してすぐ、ヨーグルトのサービス。
ヨーグルト
キウイフルーツをすって食べる。
ヨーグルトは新潟では有名な安田ヨーグルト。
キウイをするのも新鮮。そしてこれは、激ウマ。

直前まで記録的な暖冬で「雪が全く降っていない」という状況。
「雪見露天風呂がしたい」という目的なのに、降ってなかったらシャレにならないと焦っていたけど、幸運なことに前日にぎりぎり雪が降ってくれた。
ありがとう天気。

こっちでは雪はあまり降らないので、やはり雪はいい。
ということで、雪ではしゃぐ、いい大人。
雪ではしゃぐ

何もないところかな?と思ったら、近くに小さな観光施設みたいなものがあって、楽しめました。

この日は次の日のお祭りの準備中。中央のものを燃やすらしい。
お祭り

これは結構な高さです。
大きい

アイスを食べたり、雪で遊んだりして宿に戻る。
宿の庭はとにかく広い。
朝の雪
雪が枝にのってとても綺麗。

目的の露天風呂はほとんど貸切状態。20名ぐらいなら余裕で入れそうな、大きな大きな風呂に二人でポツンと入る。
周りは雪。

この上ない幸せを味わう。

夕飯も美味しかった。特にチーズのような豆腐がとても美味しかった。(右下)
夕食

予約して、完全な貸切風呂も入りました。
3種選べたけど、選んだのは「木里の寝湯」
貸切風呂

目の前に雪。雪を触りながら風呂に入る。

ああ、幸せだぁ。


広い庭を通って貸切風呂までの長い道のり、ちょっと見つけた素敵な傘。
傘
雨が降ったらこの傘を使うのだろうか。
なんて粋。
こういうところがポイント高い。

夜に少し出歩くと、雪がまるで白い花のように見える。
夜の雪

本当に綺麗でした・・・。

雪に残った獣の足跡を追ったり、暗闇で雪ではしゃいだり、降りだした雪をじっくりみたり、雪を堪能。

翌朝。
朝食後、お祭り会場をちょっとだけうろついてチェックアウトし
今度は予約していた陶芸体験をする。
陶芸
ろくろじゃなくて、粘土で作るタイプ。
面白かったが、改めて自分の不器用さを再確認。

焼いて、出来上がりは2~3ヵ月後。忘れた頃に届くとのこと。
どうなるかなぁ。

新潟駅で最後に美味しいちらし寿司を食べて、今回の旅行は終了。

さすがのんびり小町。
とっても、とっても、いい御宿でした。

雪の中で咲く椿は繊細で力強かったです。

椿
スポンサーサイト
2007
02/02
山梨旅行 ~変わらないということ
「大学の友は一生の友だよ」
と言われたことがある。

今思うと、そうだな、って思う。

大学4年の頃、毎日毎日楽しくて、いつも笑ってばかりで、いつも「このまま時が止まってしまえばいいのに」
って思ってた。
就職先も早くに決まってたし、卒論だって順調だった。危ない単位だって何一つなかった。
将来に向けて不安に思うことは何一つなかった。

でも確信が一つあった。

「多分、今が人生の中で一番楽しい」


卒業して、就職して、社会に出てあっという間に大学で過ごした4年間が過ぎていった。
でも毎年肌寒くなってくる秋になると、いつもいつも大学時代を思い出していた。

大学の、まっすぐに続く名物のイチョウ並木が好きだった。
秋になるといつも思い出した。

今の状態に大きな不満があるわけでも、不安があるわけでもない。
でも「戻りたいなぁ」と思うことがよくあった。

そんな日は、いつも会社からの帰り道を遠回りして帰った。



去年11月、大学の学園祭にあわせて久々に皆に会った。
たくさん喋って、沢山笑った。あの頃と同じように。懐かしかった。嬉しかった。

「また旅行に行こうよ」
勢いで言った私の言葉に皆が賛同してくれた。

そして今回の旅行となった。

あの頃とは変わったことが沢山ある。

いつの間にか移動は電車から車になった。
会話が先生の話から会社の話になった。
夜はお酒を持ち込んで、皆で笑いながら飲んだっけ。
体力はちょっと落ちたかもしれない?
あの頃はデジカメなんて持ってなかったよね。

でも、根っこの部分は何も変わってなかった。

皆で貸切状態の露天風呂で長湯しながら、くだらない話をずっとして。
ちょっとした話でもなぜか爆笑しちゃってさ。
懐かしい大学時代の話に花咲かせて。
ただの替え歌に、なんであんなに笑ってしまったんだろう。
ただのウノなのに、なんであんなに面白かったのかな。
富士急ハイランドで何度も何度も絶叫マシンに乗って楽しんだ。
あと3年もすれば30歳になるのに、気分は学生のまま。

あの頃のまま。まるで時が止まったかのように。

バカみたいに笑って、バカみたいに騒いだ。


それがすごく嬉しくて。それがすごく楽しくて。それがすごく懐かしくて。

いいな、すごくいいな。


このまま時が止まってしまえばいいのに―・・・・


久しぶりに抱いた感情だった。


計画したとき、ちょっと不安だった。
本当は行きたくない人いるかもしれないかな・・・って。

でもその不安は吹っ飛んだ。
少なくても、私は本当に心から楽しめた。
心の底から、何も気にせずに、ゲラッゲラと大笑いできた。

純粋に「楽しかった!」と心の底から言えるのっていいよね。

純粋に「楽しかった!」って言える仲間が居るってすごくいいな、って思った。


大学の卒業式の日
「またね」
そんな風に、いつもと同じようにみんなと別れたあの日を思い出しながら、あの頃のまま変わらない時間を過ごせたことが、本当に嬉しかった。

ありがとう。

富士急で富士山

2007
02/02
山梨旅行
大学の時の友達たちと、山梨に行ってまいりました。

川口湖畔の宿に泊まりました。部屋からの富士山の眺めは最高。
部屋からの富士山
露天風呂からの眺めも最高でした。

今回のメインは富士急ハイランド。
これは4回ほど乗りまして。
ええじゃないか
フジヤマ5回、ドドンパ1回、その他5回ぐらいと絶叫系中心に攻める。
ええじゃないか 一瞬
面白い!平日の富士急ハイランドは空いていて「ええじゃないか」でも20分待ち程度でした。

夜、露天風呂に入り、夜な夜な酒を飲みながら部屋で語らい、ウノをして、そのまま眠りに落ちる。

次の日もいいお天気。
甲府方面まで車を走らせ、イチゴ狩りをしてきました。
いちご狩り

たまたま取材に来てた、山梨のローカル局の取材の協力もしました。カメラマンのお兄さん。
キャメラマン!

我々はいちご狩りが終わった後にちょうど取材が来てるからよかったらどうぞ、と言われたので、またいちごを頂きました。
放送はこちらでは見れないけど、どう映っていたのだろう・・・・。

いちご、美味しかった。合計60個ほど食べました。明らかに食べすぎです。
石原農場
石原農場さん、オススメです。
ジャムのおまけをくれたりと、とってもお世話になりました。
HPに写真も載せてくれました。
いちごも美味しいけど、それ以上に人の温かさがある農場でした。

河口湖方面まで戻ってきて、風穴を見てきました。
風穴

神秘的で綺麗でした。

山梨名物、ほうとうを食べました。
不動」のほうとう、美味しかったです。
ほうとう

更に車を走らせ忍野八海。
忍野1 忍野2

透明度の高い池は綺麗でした。
それ以上に雪道をオロオロ歩きながらのおしゃべりが楽しかったです。


ずっと笑っていた、本当に楽しい旅行でした。
綺麗な富士山

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。