Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
05/28
親不知を抜いてきました
GW明けから一人暮らしが始まりました。
といっても実家と同じ駅。(家賃安いし、会社まで一本)
実家まではチャリで7~8分。
週に一度ぐらいは実家に顔見せなさいねーという、中途半端な一人暮らし。
でもようやくの、念願の一人暮らしです。

で、本日ネットが繋がりました。ネットって繋がらないなら繋がらないでなんとかなるんだけど、あるとやはりやっちゃうし便利だなーと改めて思う。
一人暮らしは色々発見があって面白いし、ネタも沢山あるんだけど。

あるんだけど、一人暮らし一発目は、一人暮らしとはまったく関係ないことをちょいと。

大変長いです。想像力豊かな方は読まないほうがいいかも。
意外と痛い話です。

昨日、親不知(おやしらず)を抜きました。
右下の親不知がずっと疼いていて、先生からは「痛くなったら抜きましょう」と前から言われており、ずっと痛みが続いていたので、ついに歯医者に行き「どうする?抜きますか?」と。
「いつか抜かないといけないんですよね?」
「まぁいつかは抜かないとダメですね。でも別に急ぐことはないですよ。体調がいいときとか、時間があるときでいいです。」
と言われて、「じゃぁもう抜いてください!!」ということで。
一週間置いて、ちょうど昨日抜いてきました。

親不知を抜くのは2度目。
前に抜いたときはわりとすんなり抜けて、かなり抜くのに怖がっていたのに「もう終わったんだ!」という感じ。
痛みも腫れもそんなになくて、よかったーという感じでした。
今回も同じ先生、信頼してるし、前回と状況は同じような感じなので、まぁ大丈夫だろうと思っていました。

さて、抜くときの話をしましょうか。
私の親不知は歯茎の下に埋まっているので、まずメスで歯茎を切って、そこから埋まっている親不知をグリッと出し、最後は歯茎を縫い合わせて終わり。

今回も前回と同じように、まずは麻酔。チクッとする麻酔を打ってしばし待つ。
前回はこのとき怖くて震えていたんだけど、2回目ともなると怖いものもなく「これですっきりするわー」程度に思っていました。

さて先生登場。
「体調は大丈夫ですか?」「抜いていいですね?」という確認をして
お口をアーン。

先生「親不知が埋まってるから、まずは埋まってる歯を見やすくするねー」
つまり今メスで歯茎を切り開いてると。

ここからが試練の始まりでした。
メスは難なく終了して、ここから何をどうするのかよくわからないけどとにかく「抜く」作業に入ります。
そう簡単に抜けないので、あれこれ色々やるわけですよ。見えないんだけど。
前回は「怖いよー怖いよー!今何やってるんだ!?抜けたのかなあ?」って思ってる間に「はい、抜けましたよー」と言われたんだけど
今回は、違いました。

あっちをメリメーーーリ!!
こっちをメリメーーリ!!ぬおー!!何か伝わる!!
めちゃくちゃ歯がメリメリ、先生の力が入ってるのもわかる!
しかし抜けねぇ!!アレ?前回こんなのあったっけ?と考える。
ただこのメリメーリ!は抜くためじゃなくて、あくまで抜く準備だったらしく、ある程度の「メリメーリ」が終わると顔の上にかけているカバーが変わります。
真ん中に丸く穴の開いた、緑色の、オペ着みたいなやつです。
いよいよ!抜くのね!と思ったら、なかなか抜かない!というか抜けない!!
しかもかなり根っこの方に力を入れると
私「あがががー!」
先生「お?痛い?」
私「(うんうんうなづく)」
と、根っこの方まで麻酔が行ってなかったらしく、麻酔を追加。

改めて抜きます。
しかし、先生色々試してみるもうまくいかない。
「○×器具とってきてー」と何か変える様子!
「わ、私の歯はそんなに抜けませんか!?前回すんなりいけたんですけど!」と私も不安。

すると先生「あのね、お口がちっちゃくって抜く器具が入らないのよ。ちょっと違う方法で抜くね」とのこと。
ごめんなさい先生、私、顎関節症ぎみで、大きな口あけれないんです。

はーい、ということでよくわからないが、違う器具で再び抜き始まる。
すでに生えている歯にぶつかってる部分があったので、その部分を削ったり、あっちからメリメリ、こっちからメリメリ、抜けそうで抜けねぇ!!
「右手をグーにして、顎の下に入れてください」と、前回そんなこと言われなかったリクエスト(?)も出て、少々不安になってくる。
私頑張る、先生頑張る、私全身の力入りまくり、先生お口のあかない、根っこの深い私の歯にかなり苦戦気味、でも頑張って、私、今アナタに見放されると、出血死しちゃうから!先生信じてるから!!
と、先生と私の意見が一つになったとき?
ついに私でもわかるぐらいに

ゴリィー!!

「ああ!今抜けたわ!!!」という瞬間が!
なんとなく、先生と助手がほっとしたのがわかる。
「はい、ほとんど抜けましたー」と先生。

ほとんど?

と思うと、先生は抜けた歯を、歯を掴む器具で上げると、最後の最後にくっついていた下の方の歯茎を、エイッとばかりにブチッと引離した。


・・・今、明らかにブチッと言ったな・・・・
大丈夫か・・・?そんな荒々しい方法で最後の最後を引離すのかい。
とにかく抜けたのである・・・ああ、抜けた・・・抜けた・・・
そして抜けた安心感からか、口内に溜まった血を過って少々飲み込んでしまい(ほとんどはちゃんと吸い取ってくれてる)
「ごほんごほんごほーーーーん!!!!」
「だだだだ、大丈夫ですか!?」と、助手に超心配された。
私「血をのんでじまいまじだ」
先生「大丈夫?もう抜けたからね」
私「あい・・・」いやー不味かった。

そして一度口をゆすいで、次はもう一仕事、縫合である。
この縫合が、麻酔が切れたのか、とにかく、ものすごく痛かった。
親不知を抜くより痛かった。
歯茎に針が入るという想像だけで痛いが、それがリアルに痛みが伝わってきたのでプチッとやるたびに体が「びくん!!!!」
先生「痛い?もう少しだから我慢してー」
我慢する、するよ、我慢、でもものすごく痛いわけ!
先生引っ張らないで!だーーーーーー痛い!!でも我慢!!

先生「もう少し、あと結んだら終わりだから!!」
そうして先生がきゅーっと結んで、ブチッと切って縫合が終了。

はぁ・・・・辛かった・・・・。
時間を見るとオペ開始から30分が過ぎていた。これは結構長い。
前は抜くだけだったら10分ぐらいで終わった。
これは明らかに時間がかかっている。

時間がかかる=腫れる

うあー腫れるなぁ・・・と思っていると、助手が「これを顎に当ててください」
と冷えたタオルを出してくれた。
前回はこんなのなかったのに。これはもう腫れるってことなんだろうなぁ、と思いながら出血が止まるまで色々処置をして、家に帰ったのでした。
ちなみに手をグーにして顎下に入れるのは、顎が外れるのを防ぐためだそう。
30分も開けっ放しの私は、さすがに最後ガクガクでした。

やはり術後はかなり痛くて、テレビを見てると痛くてイライラしたので、少し眠る。よだれをたらして寝たら、血混じりだった。
起床すると、早速腫れ始めている。
うわー今の時点でこれだけ腫れるって明日はどうなるんだ?と思いながらなんとかご飯は片方の歯で食べて、とっとと就寝。

そして次の日起きると酷い腫れっぷり。
腫れたオイラ
寝起きの汚い顔ですいません。
あまりに汚いのでモザイク。
飴玉なめてるわけじゃないです。何も口に入れてません。ものすごく腫れてます。

鏡を見ながら思わず「・・・酷いな・・・・・」
こんなに腫れたのはおたふくかりんご病以来。
幸いにして、体は元気なので、頬だけが異常に腫れているだけ。
痛みは昨日よりは引いたとはいえ、前回と明らかに違う症状に、土日の予定は全てキャンセル。
やはり抜くのに時間がかかると、それだけ腫れあがるなぁと実感。
おまけに口をゆすぐとまだ血混じり。まだ出血終わってないのか・・。
この出血はお昼にようやく止まったようだ。

消毒に歯医者に行くと先生から「やっぱり腫れたねー」と苦笑。
しかしこの腫れ、最初は少し赤くて、これが段々青紫になり、最後は黄色くなるという、いわゆる青痣みたいな感じになる。

ああ、かっこ悪い。
前はこんなにならなかったのに、わからないもんだなぁ。

でもいつかは抜かないと!と思っていたのでまぁよかった。
記念に貰った歯を見ながら(一部歯茎付き)
大変だったなぁ~と腫れた幹部を冷やしながら眺める日々でした。
スポンサーサイト
 
Comment
 
お久しぶりデス♪
で、久しぶりにお邪魔したら、なんというコトに(^^;
実は、ワタシも近日中に親知らずをどうにかしなきゃいけないんですよ(泣)
前にも抜いたんですけど、そのときはフツーの歯医者さんがダメで、大学病院の手術室で、口のところだけ開いた布を顔にかぶされて、その上、歯を半分に船団してから抜いたんです!
あ、悪夢が。。。
お久しぶりです♪ 
ginsさん>親不知は抜いたあとの症状は、人によって全然変わってくるみたいですね。大学病院で抜く人も多いみたいですね。なんか余計に怖いですよね。。。(>_<)
抜くときはどうぞ体調のいいときに!意外とすっぽり抜けたりするものですから、リラックスして!ってできないですよね(笑)
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。