Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
07/23
韓国旅行記-4
6/13(月)ソウル  南大門 明洞  金浦→羽田

朝起きると足がとっても痛い。昨日の疲労が取れてない。
うわー歩けるかなーと、ホテルの部屋の中をうろうろしていると、足が段々慣れてきてなんとか歩ける。
よし、大丈夫、と確認して、荷物をまとめる。
チェックアウトできる状態にして、ホテルを出る。

朝の市場、南大門へと向かう。
朝ごはんを食べに行ったところ、2日目に梨大で食べようと思って食べれなかったトストゥを発見!
これじゃない?これだこれだ!と嬉しくなって早速買って食べる。
バターをたっぷり敷いた鉄板で焼いた食パンに、野菜入りの卵焼きとチーズを挟んだ手作りホットサンド。
これはおいしー!韓国というより、ヨーロッパっぽい食べ物だけど、食べれてよかった。

南大門は昨日歩いていない場所をうろうろするも、だいたいの場所は歩きつくしたので、朝ごはんを食べに屋台どおりへ。この屋台どおりはおばちゃんの呼び込みが最もはげしく、ボーっと歩いてると腕をひっぱって店に入れる勢いなのである。
今回は前回行ったときに食べてとっても美味しかったところで、参鶏湯(サムゲタン)を食べる。
サムゲタンなわけ

やっぱり美味しい。けど前はもう少しご飯が入っていたような?でもお腹にやさしくて、朝食にぴったりな参鶏湯は韓国に行ったら一度は食べたいもの。

最後に南大門でかばんを買って、明洞へ。明洞までは歩いて15分ぐらいだけど、私の足がまだ痛みがあったので電車で行くことに。
明洞で最後に街をぶらついて、最後に今回の韓国スイーツで一番美味しかったCITRUS GREENで、最後のスイーツ。
ま~たアイス!

一体今回はスイーツを何個食べたんだろう。明らかに主食より多くアイスを食べている。
しかしお腹は平気だった。

明洞からホテルへと戻り、荷物の整理を簡単にして、ホテルをチェックアウト。
今回は着ていった服、かばんを捨てたにもかかわらず、のりなどかさばるものがあるのでトランクに荷物が入りきらなかった。
ヨーロッパに6日間居たときより荷物が多い。おそろしや韓国。

ピックアップの車に乗って、最後の韓国の町並みを楽しみ、行きたくもないお土産屋で時間を浪費し、空港へ。
空港では最後に食べたいなーと思っていた、海苔巻きを買う。新村の屋台で買う値段の4倍した。
美味しかったけど、やっぱり新村の味には勝てない。あの味はあの状況もあったけど、今回の旅行で一番だった。

飛行機に乗って、さようなら、韓国。
羽田まで2時間。ゆっくりするかぁ・・・・と思っていたら、気圧の状況がすごく悪くて、ものすごく揺れる。
何度も飛行機に乗ったけど、あんなに揺れたのは初めて。一気に高度が落ちたりしたのか、ジェットコースターに乗っているような感覚になって、機内では悲鳴も出た。

私はもともと飛行機が嫌いなのに、こんな状態でどうなったかいうと。

引きつってた。

ものすごい怖かった。頭の中で、気圧が悪くて飛行機が落ちることってそんなにないよね?あんまり聞かないよね?大丈夫だよね?飛行機って意外と平気なんだよね?ね?ね?
と誰に話してるのかよくわからない、のに一人で「うんうん、大丈夫」と言い聞かせていた。
機内食はまったく喉を通らなかった。揺れるたびに「ひぃ~」と思っていた。
鳥取上空あたりでもっとも揺れたので、なんだか鳥取が嫌なイメージ。

今回は韓国で2時間のフライトだったからいいようなもの、これがヨーロッパで12時間のフライトとかだと、とてもじゃないけど精神的に持たないような気がする。
すっかりぐったりしてしまったけど、羽田に到着。はぁよかった。怖かった。

それでも今回の韓国旅行はスイーツを食べまくって、美味しいものも沢山食べて、チープなものを沢山買って、色々体験して、とても楽しいものとなりました。

2時間、近いからなぁ。下手な国内旅行よりよっぽど近くて、よっぽど安い。
多分、また、行くな。

「行きたい」じゃなくて「ああ、行くな」っていう感覚。わかる?
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。