Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
08/16
モンゴル旅行記-1
8/5(土)

モンゴル出発日。
こんなに忘れ物がないか心配な旅は初めてだった。

「大丈夫だよね?」
自分に言い聞かせて、トランクを閉める。

夜に家を出て、羽田空港へ。
チャーター便のため、今回は羽田空港からの出発になる。

各種手続きをして、午前0時、JAL8871便は定刻通り、モンゴル・ウランバートルに向けて出発した。

おおよそ4時間半後、モンゴル唯一の国際空港・チンギスハーン空港へ到着。
私の11カ国目の国は、小さな小さな空港だった。
今回ツアーで一緒の人は全部で6人。モンゴルのガイドの人も日本語が上手でホっとする。
前回のタイ・カンボジアはガイドの人の日本語がかなり怪しげで残念なところが多かったから。

車で市街地へと行く。
外はまだ暗い。

この国は街灯が少ない。
走っていると右側は真っ暗、左側は夜景が見える。
首都・ウランバートルの夜景だ。平地から夜景を見るとは思わなかった。それだけ周りに何もない。
外にはゲルが見える。普通にゲルで暮らしている人も、まだ沢山いるんだ、と感じた。

徐々に明るくなっていく空を見ながら「空が近い」と思った。
余計な明かりがないからだろうか、それともモンゴルが比較的、高地なのだろうか。
うっすら見える空が、近い。

車を走らせることおおよそ30分、首都・ウランバートルへ到着。
さすがにここは栄えていた。
ホテルに到着したのが6時。ここでいったん解散。

我々はそのまま朝食を食べ、シャワーを浴びて就寝。
モンゴルに来たんだな、そんなことを思いながらすぐに眠りにつく。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。