Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
02/02
山梨旅行 ~変わらないということ
「大学の友は一生の友だよ」
と言われたことがある。

今思うと、そうだな、って思う。

大学4年の頃、毎日毎日楽しくて、いつも笑ってばかりで、いつも「このまま時が止まってしまえばいいのに」
って思ってた。
就職先も早くに決まってたし、卒論だって順調だった。危ない単位だって何一つなかった。
将来に向けて不安に思うことは何一つなかった。

でも確信が一つあった。

「多分、今が人生の中で一番楽しい」


卒業して、就職して、社会に出てあっという間に大学で過ごした4年間が過ぎていった。
でも毎年肌寒くなってくる秋になると、いつもいつも大学時代を思い出していた。

大学の、まっすぐに続く名物のイチョウ並木が好きだった。
秋になるといつも思い出した。

今の状態に大きな不満があるわけでも、不安があるわけでもない。
でも「戻りたいなぁ」と思うことがよくあった。

そんな日は、いつも会社からの帰り道を遠回りして帰った。



去年11月、大学の学園祭にあわせて久々に皆に会った。
たくさん喋って、沢山笑った。あの頃と同じように。懐かしかった。嬉しかった。

「また旅行に行こうよ」
勢いで言った私の言葉に皆が賛同してくれた。

そして今回の旅行となった。

あの頃とは変わったことが沢山ある。

いつの間にか移動は電車から車になった。
会話が先生の話から会社の話になった。
夜はお酒を持ち込んで、皆で笑いながら飲んだっけ。
体力はちょっと落ちたかもしれない?
あの頃はデジカメなんて持ってなかったよね。

でも、根っこの部分は何も変わってなかった。

皆で貸切状態の露天風呂で長湯しながら、くだらない話をずっとして。
ちょっとした話でもなぜか爆笑しちゃってさ。
懐かしい大学時代の話に花咲かせて。
ただの替え歌に、なんであんなに笑ってしまったんだろう。
ただのウノなのに、なんであんなに面白かったのかな。
富士急ハイランドで何度も何度も絶叫マシンに乗って楽しんだ。
あと3年もすれば30歳になるのに、気分は学生のまま。

あの頃のまま。まるで時が止まったかのように。

バカみたいに笑って、バカみたいに騒いだ。


それがすごく嬉しくて。それがすごく楽しくて。それがすごく懐かしくて。

いいな、すごくいいな。


このまま時が止まってしまえばいいのに―・・・・


久しぶりに抱いた感情だった。


計画したとき、ちょっと不安だった。
本当は行きたくない人いるかもしれないかな・・・って。

でもその不安は吹っ飛んだ。
少なくても、私は本当に心から楽しめた。
心の底から、何も気にせずに、ゲラッゲラと大笑いできた。

純粋に「楽しかった!」と心の底から言えるのっていいよね。

純粋に「楽しかった!」って言える仲間が居るってすごくいいな、って思った。


大学の卒業式の日
「またね」
そんな風に、いつもと同じようにみんなと別れたあの日を思い出しながら、あの頃のまま変わらない時間を過ごせたことが、本当に嬉しかった。

ありがとう。

富士急で富士山

スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。