Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
03/12
韓国旅行記 ~2007.2~ 3
2/11(日)

起床、今日は最終日のため荷物の整理。
着てきた服はほとんど捨てるため、トランクの内容物がガラっと変わる。
小さなトランクの半分を占めていた衣類は、キムチやら化粧品やらのお土産に変わる。

ホテルをチェックアウトし、荷物をホテルに預けて徒歩で移動。
近くの市場へと行く。昨日の漢方市場と違ってここは魚介類を中心とした市場。
市場

韓国ノリなんかも売っていて、30センチぐらいの高さで1セットだったりするので、一生かかってもあんなに韓国のりを食べないだろうな・・・と思いながら見る。
ドライフルーツのお店のおじさんが優しくて沢山味見のフルーツをくれたりした。
昨日の漢方市場といい、今日の市場といい、観光地と貸した南大門や東大門の市場より人の温かさを感じられる場所だった。

そのままさらにテクテク歩いて仁寺洞へ。
道を間違えて行き過ぎて戻ったりして結構歩いたけど、歩くのが好きな二人は楽しくおしゃべりしながらテクテク歩く。
仁寺洞に到着し、雰囲気がとても素敵なお店で伝統茶を頂く。

私は梅茶を。
最終日は一番冷え込んだので、この温かさが美味しかった。
消化器系に効くと言われる梅茶はなんだか五臓六腑に染みわたる。
本当はここ仁寺洞でマンドゥを食べる予定が、開店時間が予想以上に遅くて店が開いてない。
あきらめてホテルに戻り、ピックアップの時間となる。

ピックアップされて退屈な土産屋さんに2店連れて行かれ、金浦空港へ到着。
ソウルから金浦は本当に近い。
金浦空港では、フードコートみたいなものが奥にあり、そこで最後の韓国料理を食べる。
しかしここ、韓国語しか通じない。美味しそうなところは、ハングルのメニューしかない。
すると連れが
「ハングル語が読めないので、メニューを教えてください」と韓国語で言ってメニューを教えてもらっていた。


す、すげぇ。


今回の旅行は連れの韓国語に随分助けられたけど、最後に本当にすごいと思った。
別に習ったわけじゃなく、韓国ドラマとか自分で勉強して、ここまで覚えるんだもん。
好きこそものの上手なれだなぁ、なんて関心。
連れのナイスな韓国語とヒヤリングのおかげで、最後にプルコギが食べられた。
最後の食事 プルコギ

豚肉、鶏肉、牛肉、全て制覇。
おまけにここは空港のフードコートと思えぬほど、美味しい。料金も安かった。

そして、最後の最後に空港内にあるアイス屋でアイスを食べ
アイス

ソウルから日本へと戻ったのでした。


今回の旅行は、とにかく全ての時間がナイスタイミングだった。
会社から空港に向かうときも、ほとんどの電車がホームについたとたんに到着。
夜景ツアーも乗った瞬間にバスが出発。
お店に入っても「丁度席があいたところ」なんてことが多くて、待つこともなかった。
てくてく歩いてホテルに帰ってきたら丁度ピックアップの時間だったり
全体を通してムダが少なかったなぁと。

そして異国の地でその国の言葉が少しでもしゃべれるっていいなぁ。
私も簡単な言葉ぐらいは覚えてたけど、きちんと会話ができるって素敵だなぁと思いました。

そんな、とても楽しく充実した、とにかく食べまくった韓国旅行でした。

でも沢山歩いたので、意外と太ってなかったよ?


スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。