Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
05/20
トルコ旅行記-3
4/29(日)

7時半起床。今思うとこの日が一番遅い起床だった。
朝食を食べてると、トルコ人と思われる女の子が携帯で私たちの写真を撮った。
東洋人が珍しいのかな?と思いながら、私たちも一緒に写真を撮った。
子供たちが寄ってくるのは、なんだか嬉しい。

ホテルから外を覗くとプールが見えた。
プール
ここは綺麗なリゾートホテル。
外に出てみると、ビーチと直結していることがわかった。

すごく綺麗。
エーゲ海 エーゲ海2
ここはエーゲ海。波はなく、穏やかで本当に綺麗だった。

エーゲ海を堪能し、ホテルを後にする。
今日は一日ベルガモン王国の遺跡をめぐる。

まずはアスクレピオン遺跡。
ここは古代の医療センターというべきところ。
患者は聖なる水で体を清め、地下道をくぐりぬけて円形の治療所へ入り、神のお告げ(実際は医者)から治療法や投薬の名前を聞いたという。

ここには色々なものが残っていて興味深い。
入り口すぐにある石畳は、アクロポリスの下市とアスクレピオンを結んでいた参道だ。
入り口

ヘビの彫刻は、この街のシンボル。
ここでの診察を拒否された重病人が、絶望のあまりお椀でヘビ毒を飲んだら病が完治したことに由来するらしい。
ヘビ

温泉治療の場所や病院付属の劇場もあった。
劇場

当時、これだけの設備が整った医療施設があることに驚いた。
劇場がある理由は、笑ったり心地よい音楽を聴くことが、治療の重要な治療行為と考えられていたからだ。
そういう考えが、当時からあったんだなぁ。

遺跡は一部補修されながら、当時の医療設備の雰囲気を味わうことができた。
アスクレピオン アスクレピオン2

そしてここでは、珍しく、野生のカメを見た。
カメ
カメは、予想以上の速さで進んでいた。の、のろまのカメじゃないなんて・・・!

遺跡を後にし、昼食。
ここで「お坊さんの気絶(イマム・バユルドゥ)」(ガイドによって呼び名が違う)と呼ばれる、ナスに野菜をのせてオーブンで焼く料理が出てきた。
坊さんの気絶
ナスは苦手だったけど、これはなかなか美味しい。それにしてもトルコ料理はネーミングセンスが面白い。
この料理名の由来は、坊さんがこの料理の匂いをかいだだけで、美味しそうで気絶したとか。

昼食後、次にアクロポリス遺跡に向かう。
高い位置にあるため、バスで一気に山を上る。運転手シュクルは、今日もナイスな運転をしてくれる。

アクロポリスは、アレクサンダー大王の遺産を受け継いだ栄光の都だ。
急な丘の斜面を巧みに利用した都市づくりがされている。
大劇場も見事だ。
アクロポリス アクロポリス2

美しく、計算されつくしたアーチ。古代人の土木技術はとても高かった。
専門の学校に通い、技術を学んだものが建築にあたっていたという。
アーチ

ペルガモンのシンボル的存在だったトラヤヌス神殿。
トラヤヌス神殿 トラヤヌス神殿2
青空に栄える純白の神殿は、全て大理石で建築された。

ここからは街が一望できる。ちょうどコーランが流れている時間だった。
トルコの今と、昔を感じることができた。
街を一望

第2のアテネと呼ばれ、紀元前から続いたこの王国は、8世紀のアラブ人侵入以降、緩やかに衰退していったという。

ここで土産を売っている人達の言葉が面白かった。
「安いよ!安いよ!12枚で100円!ジャスコより安いよ!
どこで覚えたんだか知らないが、なんとなく面白くて笑っちゃう。

今日の観光はここまで。バスにてイズミールへと向かう。
今日は今回の旅行の中で一番ゆったりしたスケジュール。イズミールへは夕方に到着。

ホテルでゆったりしてるのなんて勿体無い。早速外に出てお散歩。
街歩きは楽しい。カフェ、小さなお店、マンション・・・日本と違う雰囲気が楽しくて楽しくてキョロキョロ。
途中で英語も通じないところで、身振り手振りでアイスクリームを買った。
お店のお兄さんが明るくて、出来上がったチョコレートは10種類ぐらいの味を乗せてくれた、スペシャルなものだった。
アイス
出来上がったものを見て、私たちも爆笑。味は色々楽しめてよかったです。

ぷらぷら歩いてると「ホテルからは遠いかも?」なんて思っていたkipaというスーパーに到着。
スーパー

スーパーは是非行きたいところだったので、やったー!とばかりにスーパーに入る。
ここでお土産や、トルコのお菓子、インスタントの食べ物、水などを買い込む。
やっぱりスーパーは楽しい。

ルンルン気分でホテルに戻る。
戻る道も、トルコチャイをくれたおじさんたちがいたり、カフェでまったりしてる人達が手を振ってくれたり、道行く人が「Hi!」なんて声をかけてくれたり、とにかく穏やかでいい街だと思った。
トルコの治安は悪いかも?なんて思ってたけど、全くそんなことなくて、ここイズミールはすごく素敵な街だった。

ホテルに戻ってビュッフェの夕食を食べる。イチゴがあったので、早速食べてみるも色は熟してるのに意外とすっぱいものとかがあった。トルコでもイチゴがあるんだなぁと思う。

夕食後、ホテルの温泉プールに入る。ツアーで仲良くなった人達と一緒にビーチボールで遊んだり、サウナ(ハマム)に入ったりして楽しんだ。

天気も良くて、遺跡もすごくて、街の雰囲気もよくて、ホテルもいい感じで、楽しい楽しい一日でした。
明日も色々見る予定。今日も早めにおやすみなさい。

スポンサーサイト
 
Comment
 
なんか、空の色が「あお~~~」って感じでいいですなぁ。

「ほんとの空」って感じですねぇ。
いい空でした 
tanachinさん>まぁ画像は一部修正したりしてますけど(笑)
でも確かに青い空でした。日本ではあまり見られないような「青!!」って感じの青で、清々しかったですね~!気持ちよかったです。
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。