Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
05/27
トルコ旅行記-4
4/30(月)

すでに曜日感覚はなし。旅のちょうど折り返し日だということだけを認識。早いなぁ。
6時半起床。朝食後、少し散歩するとハーフパンフでは寒い。
しかし朝の涼しさが気持ちいい。

エフェソス遺跡へと向かう。
まずは遺跡近くにある、聖母マリアの家へ。
イエス・キリストがゴルゴタの丘で十字架にかけられた後、聖母マリアが晩年を過ごした場所だと伝えられている場所。
世界中から沢山の人達が小さな場所に押し寄せていた。
マリアの家

聖母マリアの家もよかったけど、それ以上にここにたどり着くまでに山道をぐんぐん上がっていくバスのスリルの方が実は楽しかった・・・。

聖母マリアの家をあとにし、ツアーではよくある革製品のお店に連れて行かれ、ファッションショーを見て(これはこれで面白かった)買う気もないので、店内をうろつく程度。

そしてエフェソス遺跡へと行く。

エフェソス遺跡は、紀元前11世紀、アテネの王子アンドロクイスがイオリア人を率いてこの地に渡り、デルフィの神託に従いこの場所に街を建設したのが始まりだ。
ここは世界的にも最大級の遺跡である。
当時はエーゲ海沿いに開けた天然の良港だったという。しかし現在は土砂崩れなどにより土地が広がり、エーゲ海はもっと遠くになってしまった。

昨日と同じように、エフェソス遺跡も青い空と、白い遺跡がいい感じだ。
エフェソス全体

そして、赤い花。こういう自然のコントラストは、やっぱりどんなデザインよりもかなわない。
エフェソス遺跡

ここは数多くの遺跡が残っていた。
エフェソス1 じゅうたんみたい エフェソス2

これは当時のトイレ。こうして壁のない状態で、商談などをしていたらしい。
トイレ!
うーむ、なんともオープン。

この遺跡の見所は、観客24,000人を収容可能な大劇場。
劇場 劇場全体
とにかく大きくて、遠くからじゃないと写真に納まらない。

そしてローマ時代、約12,000冊の蔵書を誇ったと言われる、ケルスス図書館。
図書館 図書館2

細部までこだわる彫刻が美しかった。

トルコの見所の一つといってもいいこの遺跡、当時はクレオパトラも歩いたという。
当時の国の大きさが、垣間見えた気がした。

次に古代世界七不思議のひとつ、アルテミス神殿跡へ。
残念ながら、現在はほとんど原型をとどめていない。あるのは柱一本のみ。
アルテミス神殿跡

ここに本当はご立派な神殿があったと思うと、見たかったなぁと残念。
そういえば、古代世界七不思議を見たのは、これが初めて。
2日前に見たアヤソフィアは中世の七不思議に該当するらしい。世界広しなのに、トルコにこれだけ七不思議があるって、なんだか不思議。

ここで昼食。
今日の昼は、トルコ料理のチョップシシを食べた。これは美味しかった。羊独特の臭みはあまり感じなかった。
チョップシシ
奥に見えるのは、トルコのヨーグルトの飲み物「アイラン」ちょっと酸味が強くて、美味しい。

そしてバスは、楽しみにしていた、パムッカレへと移動する。
途中の道で、果物の栽培も盛んなトルコらしく、もも、ざくろ、イチジク、ブドウの木などを沢山みた。

そしてパムッカレに到着。
パムッカレとは、トルコ語で「綿の宮殿」という意味で、ここには世界遺産・石灰棚がある。
石灰棚は段々畑のように連なる白い石灰華の岩棚で、数千年に渡って流れ続けた鉱泉が作り出した、天然の芸術作品とも言える世界遺産。

周りに少しだけ残っているヒエラポリスの遺跡を見ながら、石灰棚に到着する。

「うわー!白い!すごい綺麗!」
それはまるで雪のよう。
石灰棚 石灰棚2

一部は裸足で入ることができる。そしてこれは温泉。裸足で入ると気持ちいい。
裸足でOK 温泉です 水路みたい

子供も喜んでいました。とってもかわいかった。
子供も喜ぶ

まるで雪山のような石灰棚は、自然が作りだした神秘の作品。
鍾乳洞の兄弟みたいな感じで、本当に綺麗だった。
残念ながら夕日の時間にはいられなかったけど、夕日を浴びるとピンクや茜色になるそうだ。
しかしここは数ヶ月前までは全て入ることができたが、現在は一部しか入ることができない。
遺跡の破壊が進み、数年後にはどこにも入れなくなると言われている。
数千年のときを経て作られたものが、数年間の間に破壊される。それがなんだか悲しい。

ホテルに戻って今日もバイキングの夕食。相変わらずデザートはどれも甘い。
日本のさわやかな甘さのデザートがちょっと恋しい。

今日も温泉プールに入って、ジャグジーで遊ぶ。
ジャグジーは色んな国の人が居て、皆で泡で遊んで楽しかった。

今日も楽しい一日だった。
明日は一番の移動日。明日に向けて、オヤスミナサイ。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。