Natsume's Blog

日々思ったこと、感じたこと、徒然なるままに。 人生最後は笑ったもの勝ち。

 

 

[Admin]
--
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
06/04
トルコ旅行記-7
5/3(木)

5時30分起床。朝食のピザがその場で作ってくれるタイプで、とっても美味しかった。
朝食のピザ

今日もバスはまずはカッパドキアのビューポイントから。
昨日と違って、今日はまるでクリームのような岩を見ることができた。
クリームみたい つるつるしてそう
なんだかつるつるしていそう。

その後、トルコ石のお店へ。絨毯も陶器も興味はなかったけど、トルコ石は欲しい。
ちゃんとした正規店なので、値段もとっても高い。
が、やはり欲しかったので買ってしまった。
今まで行った海外の中で一番高い買い物だった。想像しているトルコ石とは少し違う、深い色のトルコ石。
とても気に入った。・・・から高い買い物だったけどヨシとしよう・・・・。

バスはボアズカレという村を目指す。
バスの窓から見える景色はすっかりのどかな風景になった。

昼食をはさみ、ボアズカレに到着。ここでは世界遺産・ハットゥシャシュ遺跡を見る。
通常のツアーではここはほとんど行かない場所なので、観光客も我々だけ。
なんだか独占できるのがいい感じ。

ハットゥシャシュは紀元前1800年頃アナトリアを支配したヒッタイト帝国の首都だったところだ。
ここは谷間や断崖、山の尾根などを利用して長さ6キロの城壁を巡らせていたという。
しかし、異民族の侵入を受け、紀元前1200年頃には滅んでしまった。
全てが紀元前の話。当然、今ではほとんど残っておらず、土台だけの状態になってしまっている。
ハットゥシャシュ ハットゥシャシュ2 ハットゥシャシュ3
当時は日干し煉瓦を使って城壁が作られたという。今では日干し煉瓦は残っていなかった。残念。

そしてすぐ近くにあるヤズルカヤ遺跡も見る。
ここはヒッタイト帝国の神々を祭る儀式が行われていたという。
しかしヒッタイトは、ここの神殿等が完成してから、わずか数十年で滅んだといわれている。
歴史の重みを感じる。
ヤズルカヤ ヤズルカヤ ヤズルカヤ3

今日も天気がよくてよかった。特に今日見た場所はすごく雰囲気がよくて、都会の喧騒を忘れ去れてくれる場所だった。

その後、バスはトルコの首都アンカラに向けて一気に走り出す。
のどかな景色から、段々と都会の景色に変わっていく。

何度か休憩後、アンカラに到着。
トルコでの夕食は今日で最後となる。
最後なので、私は普段はあまり飲まないビールを飲んだ。
ビール
これが飲みやすくて美味しかった。左にあるのはフレッシュジュース。これも絞りたて!って感じで美味しい。

トルコ最後の夜。ホテルを出て少し街を歩く。
アンカラは首都だけあってとても栄えていて、人もビルも多かった。

最後の夜かぁ・・・酔っ払いながら、お店で買ったアイスを食べながら少し感傷に浸ったりする。
明日の朝はものすごく早い。ホテルに戻り、トルコの最後の夜よ、オヤスミナサイ。
スポンサーサイト
 
Comment
 
Comment Form
 Secret  
 
Trackback

 » HOME » 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。